つや消しのヘルメットが最高にカッコイイ!ヘルメット買うなら、つや消しを選ぶべし。

つや消しのヘルメットが最高にカッコイイ

今更ですが、ヘルメットを購入しました。

M球に変わり、ボールが硬くなったので安全面を考え、導入を決めました。

でも、人生でヘルメットを買ったことはありません。だから、何を基準に買ったらいいのか、全くわかりません。。。

そこで、どのメーカーのヘルメットが良いのか、色々と調べてみました。

結果、メーカー差があるのはデザインと費用ぐらいだと思いました。

じゃあ、もうシンプルに格好いいヘルメットを買っちゃおうと!

そんな時にタケトラTVで、「天晴が使用しているヘルメット」の動画に出会いました!!

天晴では、ZEETのつや消しヘルメットを使用されていました。

その動画で「つや消しヘルメットのカッコ良さ」を知りました。

そして、真似しました!!笑
ZEETのつや消しのヘルメットを購入帽子がネイビーだったので、ヘルメットもネイビーにしました。

マークもシールではなく、刺繍にしました。ココも天晴を参考に。。。というより真似させていただきました!!

ちなみにメーカーも同じZEETです。

裏面はこんな感じ。
ZEETの片耳ヘルメットの裏側つや消しにすることで、高級感が出ます。めっちゃカッコイイです!!

買って大満足!!チームメイトからも好評です。

今回、つや消しの他にもう一つごだわっていた事があります。

それは「片耳ヘルメット」を導入すること。

片耳ヘルメットの良さ

高校野球まで野球をしていましたが、ここ最近まで片耳ヘルメットを着けたことがありませんでした。

ある日、助っ人で参加させて頂いたチームが片耳ヘルメットを使用しており、着けてみたところ感動しました!!

まず装着が、めちゃくちゃラク!そして、圧迫感もありません。

片耳ヘルメットの良さを知ってしまってからは、チームに導入する時は片耳ヘルメットを買おうと決めていました。

片耳ヘルメットのデメリットとすれば、費用が掛かること。右打者用、左打者用が必要になるため、用意するヘルメットの量が増えます。

費用面の問題をクリアできるようであれば、絶対に片耳ヘルメットの方が良いと思います。

ヘルメットの金額について

◾軟式打者用両耳つや消しヘルメット BHL371 (6900円+税)
ZEETのヘルメットつや消し

◾軟式打者用片耳ヘルメット BHL307 (5000円+税・オプションつや消し1200円+税)
ZEETの片耳ヘルメット
この本体費用に刺繍のマーク費用がプラスされます。

平均すると1個あたり7000円前後でヘルメットを購入できました。

右打者用ヘルメット3個、左打者用ヘルメット2個、両耳ヘルメット3個の合計8個のヘルメットを購入しました。

かなり大きな出費でした。。。

でも、ヘルメットは何度も購入するものではないので、思い切って購入ました。

まとめ

ZEETのヘルメットを導入つや消しヘルメットのカッコ良さを教えてくれたタケトラTVには感謝です!!

これからヘルメットを買おうと考えているチームには、つや消しヘルメットは本当にオススメ!通常のヘルメットより費用は高くなりますが、それでも出す価値は十分にあります。

そして、片耳ヘルメットもオススメです。まだ試した事がない人は是非とも試してほしい。

参考にさせて頂いたタケトラTVの動画はコチラです。
天晴が”超最新ヘルメット”に新調!ヘルメットの歴史を語ります

是非、見てください。

つや消しの魅力が伝わると思いますよ!!


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。