猛暑の中での草野球!命の危険を感じた

淀川河川敷で草野球の試合2

先週、日曜日の最高気温は36℃。

猛暑の中で、草野球をしてきました。この日の暑さは異常で、風がなく湿度も高いので、サウナの中で野球をしている感覚でした。

淀川河川敷の佐太西地区グランドで試合を行ったのですが、このグランドは日陰が全くありません。
淀川河川敷の佐太西地区グランドで草野球試合中は常に日光に晒されていて、攻撃中も体力が削られていきました。「試合が終わるまで、グランドに立っていられるのか」そんな心配をしながらプレーしていました。

試合の結果

淀川河川敷で草野球の試合2今回の対戦相手はバティスターズさん。上宮高校のOBが多い大学生チーム。

バティスターズさんは強いチームでした。誰一人として、簡単にアウトを取れませんでした。

そして、この暑さの中でもバテずにプレーする体力は流石でした。

結果は5ー4で負け。
バティスターズさんとの試合結果

点差こそ僅差でしたが、内容はボロボロ。。。

夏場の起用法について

淀川河川敷で草野球の試合猛暑の影響でピッチャーとキャッチャーへの負担がかなり大きかった。

ピッチャー登板後は、立っているのが精一杯なくらいバテバテに。。。

この試合は3人の投手を起用しましたが、継投というより体力がなくなったので、替えざる得ないという状況でした。
猛暑の影響で選手はバテバテ試合中の様子、皆かなりバテています。

キャッチャーの宮田は、フルイニング頑張ってくれました。本当に感謝です!!

チームの平均年齢は上がり、それに伴い体力は下がってきています。この試合で体力不足を露呈しました。

夏場は、熱中症予防のためピッチャーとキャッチャーは途中交代させます。

いつか熱中症になる選手が出てくると思います。起きてからでは遅いので、フルで出てたい選手には申し訳ないですが、夏場は途中交代の起用に変えます。

そういう判断になるぐらい今年の夏の暑さはヤバい!!

まとめ

淀川河川敷での草野球終了。みんなバテバテこの炎天下の中、連戦を戦っている高校球児は凄いですね。

私は、命の危険すら感じました。試合が早く終わってくれと思ったことは初めてです。。。

8月にはダブルヘッダーも控えていますが、体力的に大丈夫なのか、かなり不安になりました。

まだまだ猛暑の日が続くと思います。草野球プレーヤーは熱中症や体調管理には気をつけて下さい。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。