左投げ転向プロジェクト。#07 指先の感覚を手に入れるために

こんにちはヤマダ(@writeryamada)です。

左投げ転向プロジェクトを始めて、遠投の距離もどんどん伸びてきています。塁間の距離でもキャッチボールができるようになりました。

着実に前進はしています。

課題点は抜けるボールが多いこと。

ここ数ヶ月、ずっとこの問題にぶつかっています。 左に抜けるボールが多く、投げているボールは回転数が少ない。押し込む感覚や弾いている感覚がまだありません。。。

暇があればボールを左手で触るようにしていますが、感覚はなかなかつかないですね。これが利き手と逆手の大きな違いなのかも知れない。。。

今回は、ボールを押し込む感覚を身に付けるために新しい練習方法を試しました。

指先の感覚を手に入れるためのワンバウンド投球

花鈴のマウンド一巻のワンバウンド投球※花鈴のマウンド1巻 110Pより

花鈴のマウンドの1巻に載っていた練習方法です。花鈴のマウンドはweb上でも読むことができます。
花鈴のマウンド

指先で押し込む事と腕を振り切る事だけを意識して投げ込んでます。

 

まとめ

この練習方法がどこまで効果があるのかはわかりません。でも、試す価値はあるかなと思ってます。

色々な練習方法を試すことで、自分の引き出しも増えると思います。

いずれは、私と同じように逆手投げを練習している人投げ方を覚えたい人に効果的な練習をアドバイスできるようなれたと思っています。

これからも頑張っていきます!!

 

▼レッドバファローズ情報はこちら▼

◼︎レッドバファローズってどんなチーム?
レッドバファローズってどんなチーム?

◼︎人気連載中 左投げ転向プロジェクト左投げ転向プロジェクトバナー

◼︎草野球対戦チーム募集中草野球対戦チーム募集中バナー

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。