左投げ転向プロジェクト。#11 真似から始める左投げ生活

左投げ転向プロジェクト#11

久しぶりの左投げ転向プロジェクトの更新です。

左投げ転向に対して、かなり悩んでいました。ボールが抜けたり、引っ掛けたり、1球ごとにフォームがバラバラ。

コツを掴んだと思っても次にやるとできなくなる。そんな繰り返し。できない自分に憤りを感じています。

現状のフォームはこんな感じです。


遠投の距離は伸びているし、少しづつ成長はしていると思うけど、ピッチングには程遠い。

動きを頭ではわかっているけど、身体が動かない。右腕で簡単にできることが左腕ではできない。

この悩みを誰かに相談したいけど、周りに経験している人がいないので相談できない。そんな時にzukkaさんからツイッターでアドバイスをもらいました。ツイッターって素晴らしいですね!

zukkaさんは、SWBCJAPANで両投げ両打ちとして活躍されている選手です。

現時点で上半身や下半身の使い方や連動に仕方で考えると難しいから、左のいいピッチャーを真似してみるところから入ってみてはどうかと教えていただきました。

zukkaさんも真似から入っていたそうです!

確かにプロのピッチャーを参考にはしていたものの、完コピするつもりでやったことはありませんでした。左ピッチャーだと成瀬、宮西あたりのフォームが個人的に好きなので、試してみようと思う。

これまで腕はこう回して、足はこう出してを考えながらやっていた。たしかに難しく考えすぎていたと思う。

考え方をシンプルに”今はとにかく真似る”それだけを考えてやってみます。

これをきっかけに飛躍します!

【zukkaさんツイッター】
https://twitter.com/zuka708

左投げ転向プロジェクト。#10 やはり課題はコントロール

2019.01.15

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。