左投げ転向プロジェクト。#02イメージとのギャップ

左投げ転向プロジェクト#2イメージとのギャップ

こんにちはヤマダ(@writeryamada)です。

野球初心者の投げ方には特徴がある。

それは手だけで投げていること。

初心者に投げ方を教える時は「手だけで投げずに、カラダ全身を使って投げるように」と伝えてた。

でも、左投げ転向プロジェクトを始めて、この教え方は間違えだと気づいた。

左投げ転向プロジェクト

公園でキャッチボールしてきた。

普通に投げているつもりだが、映像で見るとめちゃくちゃ手投げになってる・・・
感覚としてはボールが指にかかっていない。今は相手に届かせることで精一杯。

「カラダ全身使って投げろ」と言ってたことが恥ずかしいぐらいの手投げだった。きっと初心者も手だけで投げようとしていない。カラダ全身を使って投げているつもり。そのことが良く分かった。

教え方は変えようと思う。

まずは自分の姿を映像で見てもらう。イメージとのギャップがあるので、それを修正する。

私もそうだ。

腰と腕の連動ができるようにシャドーピッチングでフォームを固めていく。
左投げは不思議な感覚になる。右ではできることが、左ではできなくなるからだ。頭では投げ方はイメージできるのに、イメージ通りできない。足の運び方もままならない。初心者の感覚に近いと思う。

左投げ転向の為の練習はシャドーピッチングとインナーマッスルの強化、下半身の筋トレ。

特に下半身を重点的にトレーニング。
左足で片足立ちするとすぐにグラついてしまう。11月はフォームの定着と筋力をつけることを優先して練習。

まだ先は長い。

関連記事

 

▼レッドバファローズ情報はこちら▼

◼︎レッドバファローズってどんなチーム?
レッドバファローズってどんなチーム?

◼︎人気連載中 左投げ転向プロジェクト左投げ転向プロジェクトバナー

◼︎草野球対戦チーム募集中草野球対戦チーム募集中バナー

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。