野球の初心者はどのポジションを守るのが最適なのか?

野球初心者はどのポジションを守るべきか

レッドバファローズには、野球経験のない初心者が多いです。そのため、どうすれば「初心者にも野球の楽しさ」を伝えられるのかを考えます。

初心者だからといって練習だけでは絶対面白くありません。やっぱり試合が一番楽しいです!!

そこで初心者でも試合に出れる”負担が少ないポジション”を紹介します。野球をこれから始める方や初心者の起用法に悩んでいる監督さんは参考にしてください!!

草野球のポジションの考え方

野球の初心者にはどのポジションを守らせるか草野球の重要度順にポジションを並べてみました。野球の初心者は「2塁手か右翼手」を守るべきでしょう!

草野球のポジションの考え方

重要度の理由を順番に詳しく説明していきます。

投手・捕手

ピッチャーとキャッチャーはゲームを成立させる為に一番重要です。このバッテリーがしっかりしていないとまず野球になりません。多くのチームが経験者を置いています。初心者には荷が重いでしょう。

一塁手

初心者を置いてしまいがちなポジション。でも、経験者を置くことをオススメします。

1番ボールの集まるポジションです。守備力が軽視されがちですが、最低限の捕球ができないと試合になりません。初心者でもいけると思われがちなのはパワプロのせいでしょう!笑

実際はゲームのように送球も安定していませんので、草野球にショートバウンドは日常茶飯です。その送球を全て取らないといけないので安易に考えてしまうと痛い目にあいます。

三塁手・遊撃手・左翼手・中堅手

草野球は右打者が多い為、左側の守備力が重要視されます。よく打球が飛んできますので、守備力のある人を守らせたいです。レフトは初心者でもいいですが、後ろに逸らしてしまうとホームランになる可能性があるので注意が必要です。せめてフライが取れるレベルの選手は置きたいです。

二塁手と右翼手

初心者を比較的守らせ易いポジションがセカンドとライトです。

草野球は左打者が少ないという理由で右側には初心者を置き易いです。どちらにするかはその周りの選手で変わります。

ファーストとショートが経験者であればセカンドにおいてフォローしてあげるのがいいでしょう。正面のゴロだけ、体で止めてもらえるようにして置きましょう。

センターが守備範囲の広い選手であれば初心者をライトに置いてセンターがカバーするのが良いでしょう。少し後ろ目に守ってもらいましょう。レフトと同じく後ろに逸らしてしまうとホームランになる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

初心者とはいえど最低限のキャッチボールができないと試合には出られません。

初心者の方はまずキャッチボールができるようになりましょう。その次は正面のゴロを取れる、体の前に落とせるようになれば試合に出れるようになると思います。

二塁手と右翼手を狙って頑張って練習していきましょう!

あなたには、ここもオススメ

レッドバファローズの紹介

打順の考え方!レッドバファローズはこういう考えで決めている!!

2017年7月2日

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。