レボルタイガーの最新モデル『iotaHW』を使ってみた感想!ハイパーウィップの機能でさらにパワーアップ

レボルタイガーの2019年モデル『レボルタイガーiotaHW』を購入しました。昨年のモデルに新たな工夫が施されて、さらにパワーアップしています。

2018年のレボルタイガーイオタの感想はこちらをご覧ください。

前回も言いましたが、飛距離を重視するなら、ZEET社のブラックキャノンシリーズやミズノ社のギガキングシリーズを購入すべきです。

おすすめするユーザー

  • 確実性を増したい打者
  • 操作性の高いバットが好きな人
  • 長打を増やしたいアベレージヒッター
  • なかなかバットに当たらない初心者

昨年モデルより「ヘッド走りやすさ」と「振り抜きやすさ」が向上

レボルタイガーイオタは、Jグリップと高反発のPUポリウレタンを搭載しており、操作性と飛距離を兼ね備えたバットでした。

昨年別モデルとして、ヘッド部分を斜めヘッド形状にしたハイパーウィップ(HyperWhip)が登場しました。

ハイパーウィップは、ヘッドを斜めにカットすることで「ヘッド走りやすさ」と「振り抜きやすさ」を生み出しています。しかし、ハイパーウィップは、ウレタン複合のバットではなかったので、飛距離に不安がありました。

2019年の『レボルタイガーiotaHW』は、レボルタイガーイオタにハイパーウィップの機能が搭載されています。

美津和タイガー株式会社は、下記のような売り文句でPRをしています。

『iota 飛距離』X『HyperWhip 振り抜き』の両獲り!
出典元:美津和タイガー株式会社

『レボルタイガーiotaHW』の特徴

レボルタイガーの特徴であるJグリップを搭載。Jグリップの効果によりインパクト時にグリップのヘッドが立ちやすくなり、ミート力が向上します。
Jグリップハイパーウィップの斜めヘッド形状を搭載しています。
ハイパーウィップこの斜めヘッドの形状が「ヘッド走りやすさ」と「振り抜きやすさ」を生み出します。

『レボルタイガーiotaHW』は長さと重さを3種から選べます。

  • 83cm/720g
  • 84cm/740g
  • 85cm/760g

※長さと重量は、2018年のレボルタイガーイオタと同じです。

まとめ

iotaHW毎年進化を続けるレボルタイガーシリーズですが、今期のモデルはこれまで以上に「レボルタイガーの特徴が凝縮されたバット」だと思います。

飛距離の性能はそのままにバットの操作性と振り抜きやすさが向上しています。

昨年のモデルでも感じましたが、飛距離だけの性能で比べれば、”ブラックキャノン”や”ギガキング”の方がやはり飛んでいると感じました。※あくまで個人的な感想です。

ただし、アベレージヒッターで確実性と飛距離を出したい選手には、超オススメできるバットです!!使い勝手も良いので、チームに1本あっても良いかもしれませんね。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。