楠根と茨木で優勝できる草野球チームを作る。そのための第一歩として。

キャプテンマーク

ライター山田(@writeryamada)です。

先週の敗戦で、今年の公式戦が全て終了しました。
この一年間、曽根キャプテンがチームを引っ張りました。

・曽根選手の記事

昨年はチーム首位打者でしたが、今年はキャプテンの重圧?で不振に終わりました。しかし、チームの為に積極的に動いてくれました。チームをベスト4まで、連れてこれたのは曽根キャプテンの功績の一つです。

レッドバファローズは来年で3年目です。今よりチームを強くする為には大きな変革が必要です。その一つの変革としてキャプテンを変更します。

来年のキャプテンは宮田選手に任命します。

・宮田選手の記事

宮田選手のポジションはキャッチャーです。

キャッチャーはキャッチングやスローイング、リードなど様々な能力が求められます。技術とは別に状況を把握する力も必要です。キャッチャーはいわばグランドの中の監督です。

状況の把握、ポジショニングの指示、周りへの声かけなどの幅広い視野や気遣いが必要です。

技術的な部分は練習や試合で磨くことができます。でも、指示する力などは簡単には身につきません。

キャプテンを経験することで司令塔としての力を身につけてもらいます。負担は大きくなりますが、プレーヤーとしてのレベルは確実に上がるでしょう。そして、チームを勝利に導いて欲しい。

来年は楠根のリーグと茨木のリーグに参加します。両方の優勝が目標です。

新生レッドバファローズを宮田キャプテンに先導してもらいます。

※キャプテン変更に伴い、背番号が下記に変更します。
曽根選手 背番号:1番 → 25番
宮田選手 背番号:30番 → 1番

Text byライター山田(Twitter|Instagram


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。