【2018年秋の公式戦1回戦】緊張感のある投手戦

緊張感のある投手戦【2018年秋の公式戦1回戦】

秋の公式戦1回戦を戦ってきました

2018年最後の公式戦。負けたら終わりのトーナメントです!!

対戦チームはゴールデンホッパーさん。好投手を擁する安定感のあるチームです。

【2018年の集大成】東大阪市の楠根軟式野球リーグが開幕!

2018.08.19

過去の対戦成績は1勝1敗。

この日は、11時試合開始だったので、バッティングセンターに寄って、アップを兼ねた打ち込みを行いました。
楠根バッティングセンターで試合前打撃試合前には、念入りなサインの確認。試合前のミィーティング

試合開始

後攻で試合開始。

エースの田中雄の立ち上がりは2者連続の三振に取る好スタート!!田中雄の好投田中雄が作ってくれた勢いを攻撃に繋げます。2番宮田がエラーで出塁、3番今村がランナーを進め、ツーアウトランナー2塁のチャンス!!

そこで、4番澤原がライト前に運び、1点を先制!!
4番澤原のタイムリーヒット
ルーキー神山君もヒットでチャンスメイク。ルーキーの神山くんも活躍初の公式戦でいきなり結果を残すあたり素晴らしい選手です。

その後は膠着状態になり緊張感のある投手戦になりました。

得点が取れない中、エース田中雄が粘りのピッチングを魅せます。

試合が動いたのは、時間の関係で最終回となった5回。

タイムリーエラーで1点を取られてしまい同点に追いつかれます。
5回に同点に追いつかれる同点で終わった場合は抽選になります。

流れが悪く、抽選になれば「絶対に負ける!!」そんな空気の中、最終回の攻撃が始まりました。

なんとかツーアウトランナー3塁を作り、バッターは、タイムリーエラーをした今村選手。

奇妙なめぐり合わせです。

責任を全て背負い、真っ青な顔で打席に向かう今村選手。その姿はまるで、営業先のクレーム処理に出向くようでした。

最後はあっけない幕切れ

結果は、サヨナラボークというあっけない幕切れ。

勝ってホッとした今村選手の顔は忘れられません。

まとめ

2018年の秋の公式戦1回戦の結果辛勝でした。。。

ピンチの連続で負けてもおかしくなかった。この試合はエース田中雄の粘り強いピッチングがもたらした勝利です。

その後、練習試合がありましたが、ゴールデンホッパーさんとの死闘に全てを出し尽くしたレッドバファローズは、ビースワンズさんにボロ負けしました。
ビースワンズにボロ負け
次は2回戦!!一戦必勝で戦います!!

関連記事

 

▼レッドバファローズ情報はこちら▼

◼︎レッドバファローズってどんなチーム?
レッドバファローズってどんなチーム?

◼︎人気連載中 左投げ転向プロジェクト左投げ転向プロジェクトバナー

◼︎草野球対戦チーム募集中草野球対戦チーム募集中バナー

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。