【松坂投手が使用する話題のグラブ】RYUのオーダーグラブが遂に届いた!

RYUグラブの感想

今話題の『RYUグラブ』。

中日ドラゴンズの松坂投手が使用したことで、知名度が爆発的に上がっているグラブです。

その『RYUグラブ』が遂に届きました!!

梱包されている箱もシンプルでカッコイイデザイン。
RYUグラブが届きましたグラブの出来映えは、めちゃくちゃカッコイイ!!

軟式投手用でオーダーしました。

今回は、『RYUグラブ』の紹介と感想を書いていきます。まだまだ知らない人や検討している人もいると思うので参考になれば嬉しいです。

『RYU』とは

『RYU』は、2017年7月から販売を開始した野球用品メーカー。主にグラブの制作。

RYUグラブの存在が広まったのは、県立岐阜商時代の高橋純平投手が使用されてからです。ただこの時は一般向けには、販売されていませんでした。

当日、「あのグラブはどこのメーカーだ!!」と話題になりました。

その『RYUグラブ』が2017年に販売開始されました

RYUグラブを取り扱っているのは、岐阜県にある「ますかスポーツ」さんの1店舗のみ。
ますかスポーツHP

RYUグラブは、1人の職人がこだわりを持って丁寧に作っています。

全ての工程を一人の職人が行ない、
ひとつ一つ時間をかけて制作して行く。

RYUのカタログより引用

主にオーダーメイド製作ですが、既製品も販売されています。

使用しているプロ野球選手は?

使用が確認されているのが、ソフトバンクホークスの高橋純平投手・中日ドラゴンズの松坂投手・千葉ロッテの成田投手。

プロ野球選手では、まだ少ないですね。

ただ、松坂投手が使用してニュースになり、知名度も上がっているので、今後はプロ野球選手でも使用する選手が増えてくると思います。

なぜ『RYUグラブ』を買おうと思ったのか?

RYUグラブデザインがカッコイイと思ったから。

県立岐阜商時代の高橋純平投手が使ってるグラブを見たときから一目惚れして、販売されたら絶対に買おうと思っていました。

私は、大阪からますかスポーツ店さんに一度伺ってRYUの実物も見に行きました。

ここからは個人的な意見ですが、革質を重視でグラブを選ぶなら、他のメーカーで良いと思います。

RYUグラブの革質も良いですが、洗練されたデザインが1番の特徴だと思っています。RYUのロゴもカッコイイですしね。

RYUは、「今風のおしゃれなグラブ」というイメージを私は持っています。

RYUグラブのオーダーについて

RYUグラブは、ユーザーのいろんなオーダーに答えてくれる。

ウェブのオリジナルデザイン、薬指リング、背面のバックスキンとオプションで対応してもらえます。

オーダーで迷ってる方へ。

RYUは、本当にオススメできるグラブメーカーです。硬式用は、5万円以上しますが、金額以上の価値あるグラブだと思います。

お金で悩んでるくらいなら、すぐオーダーしたほうがいいと思います。出来上がるまでに約1年間かかります。その間にお金を貯めましょう!!私はそうしました。

そして、9月30日でRYUグラブのオーダーを一時休止することが決まりました。

 オーダーの締め切りは、9月30日の20時まで。

オーダーするなら今しかありません!!

感想のまとめ

RYUグラブの感想まとめRYUグラブの出来栄えにとても満足しています。いいグラブに出会うことができました!!大切に使っていこう思います。

RYUグラブに興味を持ってもらえたり、検討されている人に少しでも参考になれば嬉しいです。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。