インコースを封じるためにラインのギリギリに立って体を寝かせて封じる

インコースを封じるためにラインのギリギリに立って体を寝かせて封じる

先週末に練習試合がありました。

雨やコロナの影響があり、これまで野球ができませんでした。それに伴い、ブログの更新もかなり止まっていました…。

今回が2020年の一発目の試合です。

試合内容

SELFISHさんと練習試合を行いました。お相手の投手は、サイドスローでストレートに力がある投手でした。

レッドバファローズは、サイドスローの投手を苦手にしています。今まで何度も外のスライダーにクルクルさせられてきました。

今回は、サイドスロー投手攻略のために外角狙いのセンター返しの指示を与えました。

インコースについては、封じるためにラインのギリギリに立って体を寝かせて封じるという画期的な方法。

その成果かどうかはわかりませんが、苦手なサイドスロー投手から5得点をあげることができました。しかし、残塁数も多く、課題も見えました。

守備に関しては、「誰が取るかの声掛け」など連携ミスが目立ちました。結果的に勝つことはできましたが、課題点も見つかる試合でした。

まとめ

4月から公式戦が始まります。

久しぶりの野球でカラダのキレが戻っていない選手も多かったため、可能な限り練習試合を入れて調整していきます。

今年こそ、優勝を目指す。そのために万全な準備をして初戦に挑みます!


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。