スイッチヒッターの俊足キャッチャー「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

大阪府茨木市で活動するレッドバファローズ。その中で戦う選手達の活動に密着。

選手の真実の姿を描く「REAL REPORT」。

キャッチャーと言えば、一昔前はドッシリとした選手が守る事が多く、機動力は求められていなかった。

しかし、現代野球はそうではない。

機動力も求められる。

レッドバファローズには足の速いキャッチャーがいる。しかもスイッチヒッターだ。

この二つの武器でキャッチャーのレギュラーを狙う野口を追った。

内野手から捕手へコンバート

元々はセカンドやショートを守るスイッチヒッターだった。

しかし、ある事情で守れなくなった。

「内野で思うようなプレーができなくなったので、思い切ってコンバートしました。」

イップスに陥った。
遠い距離は問題ないが、近い距離が投げられなくなってしまった。
学生時代から内野手一筋でプレーしていただけにキャッチャーへのコンバートは簡単に決められなかっただろう。

「初めは難しかったですね。でも、リードで相手の裏をかいたり、駆け引きが多いのでキャッチャーは面白いです。」

野口は野球センス抜群で守備も上手い選手。ここでは送球の問題もない為、キャッチャーにもすぐに適応した。

「キャッチングやブロックは練習中です。間の取り方や投手への声かけのタイミングなどわからない事の方が多い。何よりも経験が求められるポジションなんで試合に多く出たい。」

チームにキャッチャーは3人いる。
総合的に能力の高い頭師、打撃の良い宮田、俊足のスイッチヒッター野口と全員特徴が違う。
現在レギュラー争いが一番激しいポジションだ。

打撃力の向上、打てるキャッチャーへ

キャッチャー野口「レギュラー獲得の為には今よりも打撃力の向上が必要ですね。特に左打席を練習してます。」

高校まで右打ちだったが、大学から左打ちも始めスイッチヒッターになった。

「作った左なので、反応や力強さがまだ弱い。この冬は振り込みます。スイッチヒッターという武器を持てば試合に出られる機会も増えると思います。それに監督は左打者やスイッチヒッターが好きなんで。」

野口は自分の強みをわかっている。あとは経験を積めばレギュラー獲得もできるだろう。
何より、野口の強みはリーダーシップがある事だ。

学生時代からキャプテンを務める事が多かった。レッドバファローズでも初代のキャプテンを勤めた。

キャッチャーは現場の指揮官。キャプテン経験も必ずキャッチャーにも活きてくるだろう。

最後に内野手に戻りたいのか聞いて見みた。
「送球の問題がなくなれば内野手に戻りたい気持ちはある。でも、今はここで頑張ります。」

キャッチャー経験も積み内野手に戻れば、選手としての幅が広がるだろう。
必ずのこ経験は野口にとってもレッドバファローズにとってもプラスになるだろう。

REAL REPORTの一覧

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。