ゲームを動かせる2番打者へ「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

REALREPORT5

「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

大阪府茨木市で活動するレッドバファローズ。その中で戦う選手達の活動に密着。

選手の真実の姿を描く「REAL REPORT」。

2番打者として、繋ぎ役として、今村は打席に入る。状況によっては自分を犠牲にしなければならない。
自己犠牲の精神で後続へ繋ぐ。

自己犠牲ができる2番打者

「チャンスを広げる事が自分の役目。」と今村は答える。

現代の野球は攻撃型の2番打者が流行っている。しかし、今村は自己犠牲ができる2番打者だ。選球眼が良く、足も早い。そして、バントやエンドランなどの小技が上手い。今年は曽根との1、2番コンビが多かった。

「曽根さんは初球からガンガン走るので、わざと空振りしたり、セーフティーの真似をしたり、どうすれば盗塁の援護できるか考えてます。でも、まだまだ2番としては勉強中です。公式戦では大きなミスもしていますから。

公式戦の初回、ノーアウト2塁のチャンスで回ってきた。進塁打のサインだったが、センターライナーを打ってしまい進塁させる事できなかった。後続も打ち取られ無得点だった。

「あの時はもっと大袈裟に引っ張るべきでした。中途半端な考えで振った結果です。あそこで進めれていれば得点できる可能性が高くなり、試合を有利に進める事ができたはずでした。」

ゲームを動かす事ができる2番を目指す

今村のバッティング
「ただバントするだけは嫌なんです。粘って四球でもいいし、ヒットでもいい。2番が繋げば、チームは盛り上がると思いますし、クリーンアップがきっちり返してくれると、1点じゃなく、2、3点入ってくるチャンスがあります。とにかく相手が嫌がる事をして出塁率を上げていきたい。」

今年の出塁率は.333。
決して低くはないが、今村は満足していない。チャンスを広げて有利にゲームを進められる2番打者を目指す。

一つの試みとして、来年は今村からランナーへサインを出す。サインも今村が考える。バッターボックスで感じる事とベンチで見ている感覚は違う。

今村にサインの権限を託して、試合を動かす。1、3番に挟まれている2番打者だからこそできる事だ。

「やれることの幅が広がるので、面白いと思います。色々試して見ます」

今年の得点力不足に悩んだレッドバファローズだったが、2番今村の活躍しだいで大きく改善されるだろう。

REAL REPORTの一覧

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。