正捕手への道。草野球で進化する「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

REALREPORT2

「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

大阪府茨木市で活動するレッドバファローズ。その中で戦う選手達の活動に密着。

選手の真実の姿を描く「REAL REPORT」。

正捕手を狙う選手がいる。
宮田はファーストからキャッチャーにコンバートして約2年。試合経験を積んで着実に伸びている。打撃は現在、チームの首位打者だ。

キャッチャーへの道は簡単ではない

キャッチャーへの道は簡単ではない
ここまでの道のりは平坦ではなかったと宮田は話す。

初めは捕ることに必死で、盗塁されてばかりだった。悔しいと思う事ばかりでしたね

キャッチャーは捕るだけではなく、投手へのリード、試合状況の判断、ランナーの警戒と仕事は多い。

簡単にこなせるポジションではない。

宮田はこう続けた。
あのキャッチャーならいつでも盗塁できるぞと言われた事が一番悔しかった。自分が原因で負けた試合は多い。

盗塁を刺せない原因はハッキリしていた。
投げ方のモーションが大きい事だ。

投げ方を見直し、基本からやり直しました。小さいモーションで投げれるようになるまで、1年かかりました

練習や試合があれば休まずに参加し、自分の課題と向き合い努力した。
日々成長している事はチームメイトは皆感じているだろう。

バッティングへの手応え

 ――バッティングの好調の理由は何かありますか?
バッティングは相手キャッチャーのリードを読むようになりました。あとは守備でもバッティングでも自分のやれる事しっかりやる。それだけを考えています

 守備もバッティングもチームに欠かせない選手に成長した。しかし、レッドバファローズの正捕手には頭師がいる。

頭師さんは守備もバッティングもよくて肩も強い。でも、負けるつもりはありません。全てのゲームでマスクを被りたいです。

普段はあまり感情を出すタイプではない。
頭師を超えると言い切った言葉には思いの強さがにじみ出ていた。

正捕手になる為にこれからも宮田は成長を続ける。

REAL REPORTの一覧

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。