茨木の守備の人から松井稼頭央へ。「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

REALREPORT3

「REAL REPORT −レッドバファローズで戦う選手達に密着− 」

大阪府茨木市で活動するレッドバファローズ。その中で戦う選手達の活動に密着。

選手の真実の姿を描く「REAL REPORT」。

スイッチヒッターで遊撃手の選手といえば「松井稼頭央」と「西岡剛」が思い浮かぶ。共に球界を代表するスタープレーヤーだ。

同じスイッチヒッターで遊撃手を守るレッドバファローズのスタープレーヤーの田中秀は今、苦しんでいた。

昨年は4番打者を務め、攻守にチームを牽引した。しかし、今年は「守備の人」、そう言われる事が日に日に増えていった。

ケガに苦しんだシーズン

田中秀のバッティング
今年はケガの影響があり、自分のプレーができていない。チームに迷惑を掛けている

チームを引っ張る立場だけに、期待に応えれず申し訳ないと言葉を漏らした。
昨年は遊撃手で4番を任されたチームの中心選手。しかし、今年は調子が上がらず、9番を打つことが多くなった。一時期は1割を切る打率にもなった。

手のケガを庇いながら、騙し騙しやっていましたけど、それでバッティングフォームも崩れてしまった

打てなくなってからは守備の人と言われるようになった。

俺はこんなもんじゃないって毎日思ってました。それで筋トレも始めました。でも、それで次は右肩を痛めてしまって…

やることが裏目に出ることは誰にだってある。そんな落ち込んでいる時に監督の一言に救われた。

守備の人からの脱却

--監督には何か言われましたか?
今は直すことを優先してほしいと言われています。今後、お前の力が必要な時はくるからって。この一言でまずは治療に専念しようと思いました。
--ケガの具合はどうですか?
今は順調にいってます。もう少しすれば戻れそうです。以前はケガさえなければと考えていましたが、もうケガを言い訳にしません。自分の実力不足ですから。早く戻りチームに貢献したい

4番不在のチーム状況の今、田中秀が普段のプレーができるようになれば、4番を任される可能性は大きい。

もう守備の人とは呼ばせません。元々バッティングの方が得意なんです

本来の3拍子のプレーを取り戻す。茨木の守備の人から松井稼頭央へ変身する。

REAL REPORTの一覧

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。