草野球練習レポート「地味な練習を繰り返した二時間」

地味な練習を繰り返した二時間

先週の練習レポートです。

先日、草野球の練習は守備に特化した方が良いと書きましたが、今回は打撃に特化した練習を行いました。

それは公式戦一回戦で盗塁が封じられてしまい、ランナーを2塁に進める事に苦戦したからです。

投手陣は安定しているだけに泥臭く1点を取る練習をひたすら行いました。

かなり地味な練習を繰り返した2時間でした。

ケースバッティングを中心に二時間練習

叩きの練習風景

ランナー1塁に置いた状態でのケースバッティング。

前回の試合の反省を生かし、盗塁だけでなく小技を絡めて、一つでも塁を進めるためにバントやエンドランの練習をしました。

普段はバントをしない選手が多いので失敗が多かったです。しかし、その中でも今村選手は失敗がなく、成功率100%でした。さすがはバント職人!!

バントは今後戦っていく中で必ず必要になるので、チームとして練習の数を増やさなければいけません。

ランナー3塁に置いた叩きの練習。

ただゴロを打つのではなく、ランナーを返せる様な高く跳ねるゴロを打つ練習をしました。

しかし、叩きは難しい!!


叩き付けようとすると手打ちになりがちで。。。皆かなり苦戦していました。

ツーストライクに追い込まれてからのバッティング。

ツーストライクから打つ練習です。
簡単に三振してしまう選手が多いので、粘り強く食らいついていく練習です。


特に監督は追い込まれたら三振しています。ちなみに今回の練習でもかなり三振していました。

まとめ

来週は公式戦です。

先制点を取って、投手を楽にさせるゲーム展開にしたいです。
エースとクローザーが揃い投手陣は安定しており、1点、2点の勝負になると予想されます。

今回練習したことを生かして、一点でも多く点を取りたいですね。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。