ラミレス監督の書籍「CHANGE!」を読んだ感想。

CHANGEの表紙

現在、横浜DeNAベイスターズの監督を務めるアレックス・ラミレスさんの書籍、「CHANGE!」を読みました。

昨年ベイスターズをシーズン3位に導き、クライマックスシリーズを勝ち上がり、19年ぶりの日本シリーズ進出させたラミレス監督のマネジメント術が記載しています。選手のメンタルコントロールと数字を元にした戦略や采配を知ることができます。

正直、ラミちゃんを侮っていました。

今は「時代にあった、良い指揮官だ」と思っています。特に指導の仕方や環境づくりがすごいと思いました。

こんな人にオススメ!

・横浜DeNAベイスターズファン
・プロ野球ファン
・組織のリーダー
・部下の指導のやり方に悩んでいる人。

・草野球チームの監督。

特に「組織のリーダー」には読んでほしい。

CHANGE!に込められた意味

ラミレス監督はベネズエラ出身で、メジャーリーグから日本のプロ野球へ。日本に来てからは、文化や考え方の違いにかなり苦労したそうです。日本の文化に触れながら、プレースタイルを日本の野球に合わせて変化させたそうです。

「根性論」は必要ない
引用:CHANGE!アレックス・ラミレス著

指導のやり方も時代によって変わる。

野球に関わらず、日本では根性論を良く使われます。

「俺たちの時代はこうだった」と指導してくる上司が周りにいないだろうか?これ程、鬱陶しいものはないと思う。特に今は情報社会になり、効率と生産性が求められる時代。昔のような押し付けの指導では今の人は育たないし、付いていかない。

ラミレス監督が求める監督像がある。

私が定義する監督とは「ボス」として君臨する存在ではなく、「リーダー」として皆を引っ張っていく存在だ。
引用:CHANGE!アレックス・ラミレス著

リーダー型の監督である。権限を使い選手を使うのではなく、日々選手の調子を尋ねて、選手の声に耳を傾け、選手の能力を最大限に引き出すことだという。

ラミレス監督が時代あった柔軟な指導ができる理由はメジャーから日本に来て、環境が変われば、考え方も変えなければならない事を実感していたからでしょう。

リーダーに必要なことは働きやすい環境作り。

CHANGE背表紙

私が理想とするのは、チームの雰囲気が常にポジティヴであることだ。選手たちが居心地の良さを感じ、リラックスしてプレーすれば必ず結果にも結びつく。
引用:CHANGE!アレックス・ラミレス著

横浜DeNAベイスターズのロッカールームは音楽を流し、はしゃいでとにかく賑やかな環境になっているみたいです。リラックスして、試合を楽しむ姿勢がパフォーマンスを発揮させるという。

私の勤めている会社も目標に達していない時は険悪な雰囲気で仕事がやりにくい。厳しい顔して働くよりもみんな笑顔で働く方が気持ちも前に向くので生産性が上がるだろう。

だけど、上の人間が変わる事はない、わかっている人間が変えていかなければならない。良い雰囲気を作るためには自分が率先して、常に笑顔で良い雰囲気を作っていく。

自分の部下や後輩、そして、草野球チームでも楽しくできる環境を作らなければいけない。

選手の起用は方法について。

先発投手に完投は求めない
引用:CHANGE!アレックス・ラミレス著

横浜DeNAベイスターズの特徴としては中継ぎ陣の起用が多い。先発投手が5回、6回でマウンドを降りるからだ。100球を超えると球威が落ちてきて打たれる可能性が高くなる。投げ過ぎでケガをする方がチームにとってマイナスとの事です。

面白かった所が、梶谷選手を三番に起用しない理由です。これはラミレス監督がよく聞かれる質問みたいですが、データを元に判断されているようです。他にも桑原選手や宮崎選手や倉本選手の起用の考え方も書いています。どれも面白いです。

詳しくは是非読んでみて下さい。

まとめ

私は、横浜DeNAベイスターズはラミレス監督になって絶対失敗すると思っていました。

ラミレス監督は日本語が話せる訳ではなく、通訳を通さないといけない。そんな状況で監督が務まる訳がないと浅はかな考えを持っていました。しかし、昨年は日本シリーズまでチームをけん引して、今年も現在は2位と好調をキープしています。

その理由は選手とコミュニケーションを取り、信頼関係の上で指導と起用をしているのだと知りました。

ベイスターズファンにはもちろん、草野球チームの監督にも読んでほしい一冊です。

今の時代はどういうリーダーが必要なのか、指導や起用の仕方を考えさせられます。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。