日大三高の握手拒否については選手を守る為にも学校側が対応すべき。

日大三高の握手拒否について

試合終了後の握手を日大三高が拒否したと話題になっています。
個人的に思うことを書きます。

三重高対日大三高の試合で、8−0で三重高校が勝ちました。
しかし、整列後の握手を日大三高が拒否しているように見えます。


どうやら日大三高は握手拒否が伝統らしい。。。
こんな伝統いるか?

もし、本当に伝統だったら、そんなしょーもない伝統は学校側がすぐにやめさせた方がいい。

握手を差し出されているのを拒否されているのを見ていい気分になる人はいない。伝統だから仕方ないという意見もあるが、その伝統があること自体が問題。今の時代はネットで色んな人に見られている。批判されるのは選手達なのだから、選手を守る意味で見直してほしい。

昔の人の作った伝統に従う必要はない。でも、選手間でこういった伝統を潰すのは難しい。中にいるとそれが慣習になってしまい、おかしいことなのか判断できなくなる可能性があるから。私も高校時代はおかしい伝統の中にいたからわかるが、中にいて、慣れてしまうとそれが慣習になってしまっていた。

だから、学校側がしっかりと指導と対応をするべき。

「高野連や審判団が握手は推奨していない」という意見もあったが、握手は推奨されてやるものじゃないだろう。
それに相手から求められたら、どれだけ悔しくても握手して、「次もかんばれよ」と声をかけるぐらいがスポーツマンじゃないでしょうか。

先輩達の伝統を受け継いで戦うことが高校野球の魅力の一つだとと思う。でも、悪しき伝統は引き継がずに、早くなくなってほしい。今回の件は学校が早急な対応をしてほしいし、日大三高の選手達が今回の件で傷つかないように守ってほしい。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

大阪府茨木市出身。レッドバファローズの裏監督。左投げ転向プロジェクトを実施中。千葉ロッテマリーンズファン。今メジャーリーグにハマってます。好きな選手はコディ・ベリンジャー。

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。