“帽子のツバまっすぐ”が野球界の流行り!作るならSSKがオススメ!!

ニューエラスタイルの帽子を導入

最近、帽子のツバがまっすぐのまま被っている選手をよく見かけます。流行らせたのは間違いなくニューエラキャップでしょう。

なので、帽子のツバが真っ直ぐなまま被るスタイルを勝手にニューエラスタイルと命名しています。

ニューエラキャップとは

ニューエラ社が販売している帽子の事。ニューエラ社はMLB(メジャーリーグ・ベースボール)唯一の公式選手用キャップサプライヤーです。1934年からMLB用キャップの製造を開始しています。
ニューエラジャパン合同会社

ニューエラスタイルはメジャーリーガーに多く見られ、ここ2、3年前から日本にも浸透してきました。日本球界でもDeNAベイスターズなどがニューエラ社の帽子を使用しています。

私達のチームも流行りに乗るためにニューエラ社の帽子を導入しようと思いました。しかし、ニューエラキャップは一般向けにオーダーメイドは対応していませんでした。。。

じゃあニューエラキャップに似ている帽子で作ろうと思い、色んなメーカーを見て回りました。今は、ほとんどのメーカーがニューエラキャップに似ている帽子を販売しています。

色んなメーカーをみた中で、ニューエラスタイルにする際の一押しメーカーを今回紹介します。

SSKカスタムオーダーキャップの6方ツバフラットタイプ

SSKの帽子が、形もニューエラキャップに似ており、金額もリーズナブルでオススメです。
SSK 昇華ユニフォームカタログ2017

SSKの6方ツバフラット型出典:SSK 昇華ユニフォームカタログ2017

帽子の素材は、ダブルメッシュorワッフルメッシュの2種類から選べます。そして、サンドの有り・無し。バックスタイルのノーマルorアジャスターで選択できます。
6方ツバフラット型の素材とスタイルについて出典:SSK 昇華ユニフォームカタログ2017

オプションによって金額も多少変わりますが、4,500円前後で購入できます。

実際にレッドバファローズで作った帽子

私たちは、ワッフルメッシュのサンド無し、バックスタイルはノーマルで作りました。ワッフルメッシュの方がニューエラキャップの形に似ています。
正面。
実際に作ったニューエラスタイルの帽子後ろ。
実際に作ったニューエラスタイルの帽子後ろからの写真

サイズ選びは慎重に

気をつけてほしいのが帽子のサイズです。

ツバを曲げない被り方のため、帽子が小さく感じます。ワンサイズ大きい目がオススメです。M(55㎝~56㎝)サイズでは小さく感じました。

なので、L(57㎝~58㎝)サイズを皆使用しています。個人差がありますので、スポーツショップで一度測ることをオススメします。

私たちのチームはMサイズで問題ないだろうと見切り発車してしまい、未使用のMサイズの帽子がチームにはいくつか残っています。こうならない様に気を付けて下さい。

サイズが不安な場合はアジャスターにしてもいいでしょう。

どうしてもニューエラ社の帽子で作りたい人向け

ニューエラキャップのロゴ無しを購入し、刺繍屋でチームのロゴを入れてもらう方法です。

ただ、汗の吸汗性は気をつけましょう。一般用の帽子なので、吸汗性はスポーツキャップに比べると劣ります。夏場は汗でビチョビチョになるという事も考えられます。

私もこのやり方は考えましたが、あくまで用途は野球で使用するので、吸汗性も兼ね備えたSSKで作りました。

まとめ

チームメイトに、SSKの帽子を持って行ったときの評判は良かったです。現在はチームの約半数がニューエラスタイルになりました。

ニューエラスタイルにしたいと思っていた人は是非SSKで作ってみてはいかがでしょうか。ひとつからでも作成できるので、個人的に作る事も可能ですよ。
繰り返しになりますが、サイズには気をつけてオーダーして下さい。

SSK 昇華ユニフォームカタログ2017


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。