面倒くさそうなスコアブックを簡単にする方法。

面倒くさそうなスコアブックを簡単にする方法。

スコアブックの書き方って知っていますか?

野球はしているけど、スコアの書き方や読み方は知らないって人は意外と多いです。

スコアブックの書き方って覚えるの事が多そうで、面倒くさそうなんです。

だから学生時代に野球をしていても「俺はプレーヤーだから必要ない」と思って、覚えてない人がほとんどです。

ライター
山田
私自身もそうでした。。。

でも、スコアブックの書き方を知らない事は大した問題ではありません。
スコアブックは書き方を知ることより、記録として残す事が重要です。

スコアとは試合経過の記録です。
記録は積み重ねるとデータになります。

スコアブックを取る必要性簡単なスコアブックの取り方を紹介します。

スコアブックの必要性

なぜスコアブックを取る必要があるのか考えてみましょう。

アマチュアでもプロ野球選手でも公式試合では試合経過がスコアブックに記録が残されます。
スコアブックは見返すことにより、試合を振り返ることができます。

また試合を振り返るだけでなく、「自分の特徴」と「対戦チームの選手の特徴」を知る事ができます。

自分の特徴を知る。

・打者の場合は「レフト方向への打球が多い」や「チャンスで打てていない」。

・投手の場合は「初回にランナーを出すケースが多い」や「四球が多い」。

自分の特徴を知ることができます。

成長するためにはまずは己を知る事です。
自分の成長のために何を練習すればいいのかがスコアブックからわかります。

対戦チームの選手の特徴を知る。

対戦チームの選手を知っていれば、その選手の特徴に合わせた攻め方や適切な守備位置を取ることができます。

スコアブックの記録を蓄積する

スコアブックは継続して記録しなければ意味がありません。

記録を蓄積する事でデータベースとなります。

そして、記録は多ければ多いほど信頼性の高いデータになります。

簡単なスコアブックの取り方

スコアの書き方にはアマチュア野球で使われる早稲田式とプロ野球で使われる慶応式の2つがあります。

この二つの書き方を覚えようとすると大変です。勉強しなければいけません。

今更、勉強してまでスコアブックを取れるようになりたい人は少ないですよね。

冒頭でも重要な事は記録を残す事だと言いました。

誰でも記入できるように簡潔にする。

難しく書く必要はありません。要は誰が見てもわかるように記入すれば良いのです。

私たちは選手の全員がスコアを記入できます。
それはすごく簡単に記入できるようにしているからです。

このようなスコアブックを自作して使用しています。
レッドバファローズのスコア
例えばセンター前ヒットであれば「中安」と記入します。
サードフライであれば「3フ」と記入します。

結果をそのまま記入するやり方です。
そうする事で誰でも記入できますし、誰が見てもわかります。

そして、試合が終わった後に集計しています。

まとめ

簡単にする事でデータは集めやすくなります。
1年ほどデータを集めると選手の特徴がわかるようになってきます。

スコアを取っていないチームは取るようにしましょう。
チームや選手の特徴が数字でわかるようになります。

分析することも面白いですよ。

何よりも誰が一番打っているのか? どの誰が一番抑えているのか? それを酒の肴にして盛り上がることもできます。

自分達なりのやりやすいスコアブックの記入の仕方を見つけてください。

その時に参考になれば幸いです。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。