レッドバファローズの11の課題。#02鬼門は、初戦。

ライター山田
レッドバファローズ専属ライターの山田です。昨日は監督に秋の大会の抽選会に行って頂きました。監督、抽選会お疲れ様です。結果はどうでしたか?
監督
結果はこんな感じです。9月3日が初戦になりました。

楠根リーグトーナメント表

ライター山田
一回戦はゴールデンホッパーさんですか、初対戦ですね。もう公式戦まで時間ないですね。
監督
8月20日が大会前の最後の練習試合やな。
ライター山田
そうですね。ここでこれまでの戦績を振り返っておきましょう。

これまでの公式戦の戦績

楠根リーグ公式戦の戦績
監督
よし、二回戦に一度行ってるな!
ライター山田
2016年春も一回戦敗退と変わらないですけどね。。。
監督
今年こそ、楠根リーグで優勝するぞ!
ライター山田
監督、優勝の前に鬼門の一回戦をまず突破しましょう。勝負のポイントは打線になると思います。これまでの公式戦のスコアをご覧ください。

これまでの公式戦のスコア

楠根リーグのスコア
 

ライター山田
おわかりいただけただろうか。
監督
公式戦で1点も取れていなかったのか。。。
ライター山田
これが現在のレッドバファローズの現状です。

得点力アップの為に走塁の見直し。

ライター山田
レッドバファローズの今年のチーム打率は.233です。公式戦は緊張もあり普段の力を出しにくくなります。なので、もっと打率は下がると思います。
監督
数少ないチャンスをモノにできるチームに変えていかないと勝てへんな。
ライター山田
そうです。そのチャンスを作る為に走塁のルール決めから行うべきです。正直、連打は期待できません!

1アウト3塁は叩きのバッティングの徹底。

ライター山田
最近は1アウト3塁のチャンスを作っても、得点できていないケースが目立ちます。

監督
内野ゴロを打ってもランナーが突っ込んでこなかったり、バッターが簡単に打ち上げたりと確かにミスが多いな。

ライター山田
1アウト3塁のケースは打者は叩きで、走者は内野ゴロはオールゴーでいいと思います。どうせ2割打者なので打つ確率は低いですよ。(笑)
監督
その通りやな、2割を信じるわけにはいかんからな。チームで徹底しよう。

まとめ

ライター山田
ピッチャーは補強されつつありますが、点を取らないと野球は勝てません。攻撃面の意識を変えましょう。

監督
一点を泥臭く取る野球をせなあかんな。今年は何としても一回戦を突破して、勝ち進んでいきたい。
ライター山田
明日の練習試合から試してみましょう。監督、今回もありがとうございました。

監督
こちらこそ、色々なデータありがとうございました。

絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。