試合観戦レポート「センバツ決勝の再戦」大阪桐蔭対履正社を観戦してきました!!

大阪桐蔭対履正社

こんにちは。
レッドバファローズ専属ライターの山田です。

昨日はチームの一部のメンバーで大阪大会準決勝の大阪桐蔭対履正社戦を見に行ってきました。
センバツ決勝戦の再戦ということもあり球場は満員!
駐車場に車を止めることすら大変でした…

私達は一塁側の履正社のアルプススタンドでなんとか席を確保でき観戦しました。

大阪桐蔭対履正社5
前半戦は大阪桐蔭の徳山投手と履正社の竹田投手の投げ合いで始まりました!

注目の安田選手と徳山投手の1打席目の勝負はコースに丁寧に投げて安田選手の三振でした。
しかし、安田選手のスイングスピードはエグかった!!

大阪桐蔭対履正社4
試合が動いたのは3回です。
大阪桐蔭の藤原選手のタイムリーで先制しましたが、すぐにその裏に履正社も連打で三点を取り逆転しました。

ただ、次の回に大阪桐蔭が1点を取り返し、さらに次の回に徳山投手のソロホームランで同点に追いつきました。
自分の失点は自らが取り返す」と言わんばかりのバッティングでめっちゃカッコ良かったです。

履正社にもファインプレーが出たりと中盤まで均衡した試合展開でした。
大阪桐蔭対履正社1後半は大阪桐蔭が連打や犠牲フライ等で得点を重ねていきました。
一方の履正社打線もチャンスを作りますが好プレーに阻まれ得点する事ができませんでした。

特に安田選手のバックスクリーンフェンスぎわの痛烈な打球をセンターの藤原選手が見事掴んだ守備!!
あれが抜けていればまた違う展開になっていたと思います。

最終的には8対4で大阪桐蔭が勝ち決勝進出を決めました。
大阪桐蔭対履正社3今日の試合で一番感じたのは大阪桐蔭のバッターはミスショットが少なく、各選手は確実に自分の仕事をしていました。
アウトになる時も痛烈な打球ですし、最低でも進塁打にしていました。
アウト一つを取るのが大変な打線でした。

さすが日本一のチームです。

各選手が状況確認の声を出していましたし、ピンチになればキャッチャーがピッチャーに声をかけに行くなど、見ていて勉強になりました。状況に応じた動きができていない選手がレッドバファローズには多いので、チーム全員で勉強の為に見に行った方が良かったなと反省しました。
甲子園は全員で見に行くことを提案してみようと思います。

高校野球を見ると野球がやりたくなりますね。
今日はこれから練習試合です。昨日学んだことを生かせるように頑張りたいです。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。