草野球チームのユニフォームを作る人必見!ユニフォームの金額は選手獲得に影響する!?

草野球チームのユニフォームを作る人必見!ユニフォームの金額は選手獲得に影響する!?

現在、仕事の転勤や結婚で参加できなくなる選手が増えています。これは草野球ではよくある悩みですよね。現に2〜3年で潰れる草野球チームは多いです。私たちのチームは今年で3年目です。

選手募集をしないといけないのですが、私達のチームは一つ大きな問題があります。。。 

それは入団時の初期費用が高いことです。ユニフォームをこだわった挙げ句、ユニフォームの金額が高くなりました。それが大きなマイナスになってしまいました。

以前、紹介したユニフォーム紹介の記事です。

初期費用の高さは入団率の低下を招く!?

私達のチームに入団する初期費用は2万円(ユニフォーム1万4千円、帽子5千円)必要になります。プラスαでグランド費用と大会参加費が都度必要です。初期費用が高いことは、入団時に大きなハードルになります。

実際に入団希望で、体験練習に参加してもらいましたが、金額面で合わずに断られてしまった経験があります。大学生や結婚をされている方は金額的に難しいと思います。

この問題はチーム結成当時は気づいていませんでしたが、新規入団希望者に対しては大きなハードルになっています。そこで現在は分割の支払いや学割などで負担が軽くなるようにしています。

まとめ

草野球はお金がかかるということを知らない人は多いです。部費の回収などで苦労されているチームは多いと思います。特に初期費用が高いと嫌がる方は多いですので、ユニフォーム一式が高い場合は選手獲得に確実に影響してきます。

これからチームを作ったり、ユニフォームの作り直しを考えている人は今後の先のことも考えた上、ユニフォーム作成された方がいいと思います。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。