たった一年で野球の初心者を3割打者に変身させた練習方法

レッドバファローズのチーム紹介をします。今回は選手育成に絞って話をさせてもらいます。

レッドバファローズは初心者の育成にめちゃくちゃ力を入れてます。

実は独自の初心者育成法を持っています。

その為、初心者からスタートした選手でも活躍している人が多いです。

チームに野球を27歳から始めて、たった一年間で3割打者に変身した選手もいます。その選手は昨年はシーズン通してヒットの数はたった2本のみでした。 でも、一年で3割を打てるまでに成長しました。

チームの経験者と初心者の割合は半々です。 

試合で経験者を優先することはありません。
結果が悪ければ経験者もベンチになります。

最近は経験者達の調子がすこぶる悪く逆に困ってます。

野球は学生時代に経験していないと始めづらいスポーツだと思ってます。

しかし、大人になってから野球をしてみたいという人もいると思います。そんな人達に楽しく野球をしてもらえる環境を作れるよう日々努力しています。

野球が大人になってから始めにくい理由

社会人から野球を始めたという人は少ないのではないでしょうか。 また、一通りできるようになるまでに長い時間を費やしたのではないでしょうか。

始めづらい理由がこちらです。

必要な道具が多い。

野球はお金がかかります。 バット、グローブ、スパイク、ユニフォームと道具が多いです。 しかも高いです。

動きが多い。

野球をやるためには投げる、取る、打つの動作が必要になります。 どれか一つマスターしただけでは試合に出れません。
動き自体も特殊なため覚えるのに時間がかかります。

初心者ができる環境が少ない。

初心者を育成している、草野球チームは少ないです。どこのチームも経験者を探しています。初心者は最低限の動きができないと試合に出してもらえないです。 試合に出れないと面白くないので辞めてしまう事が多いですね。

レッドバファローズはこの三点の改善に取り組みました。

その内容がこちらです。

レッドバファローズの育成方法

打撃練習に特化

私達は初心者にまずバッティングのみを徹底的に教えます。 「バッティング練習が嫌だ」と思う人はいません。

まずは野球を好きになってもらうためにもバッティングを一から丁寧に教えてます。

初心者育成で一番大切なことはバットは思いっきり振る事試合に出る事だと思ってます。

すぐに上手くなる方法はありません。

ただ、最初から小さくまとまる選手にならない様に当てにいかず、全力で振れと教えています。

ただ教えるのではなく、1人に専属で野球経験者がコーチとして付き、マンツーマンで指導しています。 
専属のコーチが付きマンツーマンで打撃練習を行う バッティングが良くなるためにどうするのかを二人で一緒に考えていきます。

バッティング練習に特化させることで成長が早くなります。もちろん、試合出て経験も積んで欲しいのでDHで試合に出てもらいます。

試合に出ないと上手くならないという考えで育成してます。

結果は気にせず、 三回思いっきり振ってくる事だけ伝えてます。

初心者は打てない事が当然です。
ただ見逃し三振した時は怒ります

見逃し三振は初心者だけでなく、経験者に対しても厳しく対応してます。

道具に関しては一式をチームで用意しています。
ユニフォームからグローブ、バッティング手袋やスパイクまで全て揃えています。

気兼ねなく何度も体験に来てもらっています。

チームに入団する時には個人で用意してもらってます。

まとめ

野球は投げる、打つ、取ると覚える動きが多いです。 動きは反復して覚えるしかないので、どうしても時間が掛かります。

まずは一つに集中して覚えてもらう方が効率良く覚えてもらえます。
その一つはバッティングが本当にオススメです。

指導のポイントとしては細かいことは言わずに思っ切り振らせることです。
そして、試合に出し続けましょう。

ボールがバットに当たるようになってから、守備の練習をしていきます。

守備位置は希望を聞きながら、練習していきます。

レッドバファローズの初心者の育成で一番大切にしていること野球を好きになってもらう事です。その為のより良い環境を今後も作っていきます。


絶賛、選手募集中です!!

レッドバファローズでは、一緒に戦ってくれる選手を募集しています。
チームコンセプトは『遊びにホンキ』

草野球はあくまで休日の楽しみの1つ。だから実力主義ではなく、選手全員が均等に出場しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。